第3回ニーナ杯に行ってきた!

ガシャ

第3回ニーナ杯に行ってきた! | Z/X最前線ポータル

どうも!19弾初回限定版が愛里せんせーと聞いてwktkの止まらないライゼンです。

 

いやだってもう…これは確実にフィーユでしょ(`・ω・´) b

 

ノーブルとかメインクーンとか候補はあるけど彼らにはまだ初回限定になるほどキャリアはないからな!

そう…これは約束された祝杯…

 

はっ、無職の竜の巫女!?いつからそこに!?

待て!はやまるな!君のP指定のカードを出すとは言ったが今ではない!

君は今まで通り竜の巫女としての仕事をこなすんだ!

 

 

それでは遅くなりましたが第3回ニーナ杯のレポです。

 

使用デッキ【百鬼夜行】

image

アーサーパッションから鵺真実を回収して踏み倒しまくるぞーなデッキ。

今回のフィーユは狩人フィーユになります。

鵺がいれば1cエイクスニールからフィーユ出して攻撃→バイトサーチからエイクスフィーユ回収でもう一度1cエイクスフィーユの連パンや、檜扇&バイト×2の無限アタックコンボができるので恐ろしいほどの攻撃力を得ることができます。

 

1回戦  VSコンボリーファー

 

これが噂のコンボリーファーか…!(初体験)

必要パーツとざっくりとした回し方は把握していたので、ある程度警戒しながらも早めに倒すことを意識しました。

とにかくこの相手は揃ったら終わり…!そういった覚悟の中試合は7リソへ。

 

狩人フィーユでアクターレをサーチ。 Pのグローツラングと無理やりナナヤ召喚効果。この際1点くらいくれてやらぁ!

アクターレを見たからか相手の攻めがきつくなる。ユーディガチャが始まりライフを取られる…がVBドリリング!

 

相手のPSを剥がし有利に着く。返しにIG含め点を取って後2点という段階。だけどセルフバウンス札がなく攻めきれない…

とりあえず固めようと真実を求めてを発動。10リソ起こし鵺ターレを…あれ?10リソなくね?9リソじゃね?

 

いつもはイシュタル決めてたせいかリソースの総数を間違えるミス。結局アクターレを立ててエンド。

とりあえずリーファーはこれで止まるんじゃない?という甘い算段も通用せず。

IGウェアドール×2からニヌルタで飛ばされ舞い降りたPフリージアからユーディガチャ成立で負け。

 

2回戦 VS赤青緑2cビート

 

ウェアゴマフアザラシなどでバイト、エイクスニールなど回収する速攻デッキ。

時代に逆行するように低コス帯で固められてるのが印象的でした。

 

こちらマートルで殴るもアブブカブラで返される。

返しに再びマートルを出してレベル2、返しの相手のターンにジミー&ジミーが飛んできてパワー7000になるもこちらもアブブカブラで返す。この時点でイシュタルレベル3!

その後は目立った展開もなくエイクスやらで手数を用意し押し込む。勝ったッ!第3部完!からのアブブカブラで止まる。

それでも返しにコロコロされなかったので最後は檜扇で狩人フィーユ出してアブブ効かないぜーして勝ち。

 

3回戦 VS覚醒黒単t緑

 

黒単と思いきや黒単だった。ただ特徴的なことはマルディシオンを使用したハンデス型ということ。

やめて!コンボデッキでハンデスは命取りなの!

 

鵺落とされ…エイクスニール落とされ…パッション落とされ…ついにハンドがゼロに!

挙げ句の果てにレイバックまで登場する始末。ダークネスシャドーやグルーミーガストが盤面を制圧してくる〜

 

とまぁ絶望的な盤面になってきたわけですが、この試合中ずっと企んでいたことが一つありました。

それはアーサーパッション!このデッキにおいてハンド0から勝ち切る重要な戦術である。

パッション効果でグレイヴバイトと真実を求めてを回収。

リソのリミットを外し、バイトでパッション回収から連パンムーブに入って勝ち!

 

4回戦 VSエルビウムガチャ

 

 

名前の通りリンドウやウェアクロウでエルビウムガチャを回し殺り切るデッキ。

やばいやばいと思いつつもPSブレインウォッシュを破れる捲りが出来ない!

手置きのSR確定チケットで2回ほど突かれて致命傷を負う。特別すごいコンボとかあったわけじゃないけど確実に追い詰められてる感がやばいぞこれ!

PS鵺④エイクス⑦ターレで脇固めるもイレブンに打点と除去食らって負け〜

 

5回戦 VS赤青黒胡喜媚トロン

 

完全に捲りに特化したデッキだー!

 

というのは戦う前から分かっておりました。なにせ相手は話題に欠かさないいつもの彼。

最速ペルツも決まらず序盤からせめぎ合いと言えるような攻防戦はなかったものの、相手のメルキオールが仕事しまくりで着実に処理してくる。ただチャージが作られないのはとても助かった!

 

リソース伸びたので鵺エイクスアクターレで3面囲んで点奪取。返しにトロン捲れたけどマスターがアクターレだったのを見てそっ落ちした

その後は真実絡めたバイトドリリング檜扇でグルグルしながら勝ち。

どうやら戻しても戻しても胡喜媚トロンが帰ってくるらしい。クロエ握ろ?

 

 

 というわけで結果は3-2、初戦負けたのは痛かったですが13位でなんとか予選突破はなりました。

いざ決勝トナメ!前回は初戦で猫にやられたんだよなー

 

決勝トーナメント2回戦 vsブルーバレット

 

どのカードにも賢いことしか書いていないデッキが相手。中速の理想構築って感じだよなぁ

序盤から攻められるもVBで凌ぐ。喧嘩にはライフで応えようじゃないか!

その後の展開は朧げにしか覚えていないけど早い段階でリルバレ成立シャムシールに詰まされる。14000絶界って4cゼクスのする仕事じゃないw

 

その後突かれるもLRという犯罪的ムーブをかます。やったぜ。

クロウバイトで相手PSを攻め入れた後、返しにIGアインスタ&IGフォスフラムが出る。

フォスフラムをグローツラングで焼くがバイトだけ残してエイクスからの2体展開で点を取られる…がドリリング。

 

 

ドリリング効果でバイトを回収。その後アーサーパッションで真実バイトを回収。パッション使い回しで真実2回使用から20リソ起こしでドリドリバイトして貫きまくって勝ち。犯罪しました。

 

決勝トーナメント2回戦 vsエルビウムガチャ

 

リベンジだ!俺にも詫び課金させろ!

 

えーと、後攻初手ドリ・ドリ・アブブ・アブブ&リソに青なし。えっ弱ない?

 

無課金アバター並の無装備っぷりに苦しみながらも後攻ドローでヤドカリ引く。た、助かった…

胎動ぶっぱで順当にウェイカーレベル上げられライフを取られる。檜扇が2枚捲れたので盤面の1体処理して、ウェアクロウで行動済みの檜扇をリソースに入れ、もう一枚の檜扇で青2枚起こす。

 

グローツラングにアブブ・アブブという構えの姿勢を読まれアーサーエルビウムで避けられる。アーサー効果でエルビウムが戻るから次のターンもやばいよなぁ。

とりあえずナナヤでリソースの準備をして返す。エルビウムリンドウに手札6枚からの九十九苦無が付与されナナヤを貫通してくる。

あー…そういうのもあるのかー(笑顔で死亡)

 

 

というわけで第3回ニーナ杯はベスト8でした!前回より良い結果だったよ!やったね!

 

18弾になってさらにデッキのバリエーションが増えて面白い環境になりましたねー

ただ、揃うと勝ち&素のデッキパワーが高いコンボリーファーがいるため早いデッキしか生き残れないのも現状。

これはかなり勿体ない気がします。レンジリンクや物量の鬼こと黒単もあるせいでコントロールと呼べるデッキは殆ど環境にいなくなったかなーと。

エラッタや封神で規制するか、追加プールで調整するか、とりわけコントロールの復権については今後の対応に期待してしまいます。

 

CS後は発売記念大会にリンドウクロエで挑戦して優勝しました。ウェアテディが3枚光りましたぞ!

 

とにかくゼクス三昧で楽しい1日でした!

ありがとうニーナ杯!ありがとうドリンクバーにランチメニュー完備で広いデュエルスペース、壁に向かう一人用の席もあるぞ!カードボックス高槻店!

 

Z/X -Zillions of enemy X- EXパック 真竜の戦歌 [E07][1カートン]

Z/X19弾 真神降臨編 覇神を穿つ者」初回限定セット

初回限定セットでは対戦で使えるメタルカードディンギルを2種封入!
さらにディンギル♦︎クインテットも2枚付属!!

■我は真なる神、何人たりとも我を打ち倒すこと能わず!

今回は堀愛里先生描き下ろしイラストを使用した限定セットが発売!!
「覇神を穿つ者」1BOXに加え、このセットだけのメタルカード版フルアートディンギルやPRカード、スリーブ、カードボックスが一つになった豪華なセットです。

6 件のコメント

  • お疲れ様です。
    鵺・檜扇・グレイブバイトの連パンコンボとか、手札0でも、アーサー→パッションの流れから逆転は、なるほど!上手い手だな!と思いました。
    このコンボのセンスとネーミングセンスは見習いたいです。

    • ちょっと遅いですけど決まればほんと強い!
      黒を取らなくてもトラッシュに触れるようになったのはありがたいっすなー

  • 今回は行けなかったですが(知り合いとSAOの新作でネトゲをしていた為)
    楽しめて何よりです
    次回のニーナ杯はちゃんと普段高槻の店を使ってるユーザーとして行くとは思います。
    それと余談ですが実は携帯の充電器も借りて充電も出来ますよ

  • コントロール系の衰退は特殊なデッキ以外はフリー環境のデッキだとほぼ全部レンジリソリン入ってるような環境なのがいけないですね、特に素直にムーブするデッキは確実にレンジリソリン+XI辺りで詰みますから、元々レンジ系はゲーム性の売りである陣地の概念の完全否定にライフ4というルールの方が保たない上にゲームブレイカー仕様だから査定は慎重にされていたはずなのに自分のカードに無差別にレンジを付ける上におまけまであるのはやはりまずかったですね、
    かといって仮にレンジを規制したらしたで今段でレンジがあること前提のクッソ緩い起動効果祭りだからクソデッキが無ければ制限時間30分で終わらないというインフレ悪循環
    今やカードゲームのインフレにありがちな丁寧にアドバンテージを取る感じのミッドレンジやコントロール系のビートダウンが生息出来ない領域に入りましたね、一回インフレ入ったら壊滅的な規制ラッシュでもしない限り戻れないですね

    • レンジが有能すぎて他のカードの可能性を狭めてる感じは否めないですな。
      XIを仮想敵として今現実的なビート手段はブルーバレットですかね〜(エイクスウズメッシュで殴らずP8000バーン)

      優秀なビート手段としてアーサーも登場したのである程度なら対処できなくもないかな…?

      兎にも角にも9マスの陣取りゲームの概念が除去って上から殴るだけ、なのは自分としてもつまらないので何とかならんからな〜と思ったり(´ε`;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です