好きなカードで勝てるデッキを作ってみる③ ~コストを理解しよう!~

kextutosi-

好きなカードで勝てるデッキを作ってみる③ ~コストを理解しよう!~ | Z/X最前線ポータル

コストといえば、手札コスト、チャージコスト、リソースコスト等々ありますが、

今回は通常のプレイでゼクスを登場させるために使うコストを中心に話していきます。前の話よりちょっとだけ難しくなるかも?

それでは行ってみましょー

コストとパワーの関係を覚えよう

基本的にゼクスの攻撃力は《パワー=コスト×1500》を基準に、そこから効果の強さを考慮してマイナス補正がかけられています。 

当然ですが強力な効果程マイナス補正は大きく、逆に地味な効果、達成することが難しい発動条件、支払うコストが大きいといったデメリット要素があるとマイナス補正は小さくなります。

 

ちなみに効果を持たないバニラカードは一律《パワー=コスト×1500+500》。この取り決めのおかげでバニラにも人権が確保されているわけですね。実際先2(先行2ターン目)の4バニは出すだけで勝てるワンチャンを秘めた可能性の塊だったり…

5バニは何度も使いまわされやすい5c7500のゼクスを一方的に倒せますし、バニラカードは場面を選べばかなり優秀な動きをすることがあります。地味だからと侮るなかれ!

 

( ^ω^)…

実は効果持ちバニラ(打点)とかいうよく分からないカードも数枚あります。

なんだよこれバニラの上位互換じゃん!と思うかもしれませんが、能力を持たないゼクスを指定するカードの対象に取ることができないので完全な上位互換というわけでもないんですね。よくできてるぅー

 

リソースをフルに使わないのは損?

リソースが6あるのに5しか使わないのは損!これがどういうことか分かるでしょうか?

パワーはカードの強さを知る上で一目瞭然に分かりやすいです。そしてコストが高いほど打点が高くなることも説明しました。

つまりカードの性能はコストが高くなるほど良くなる傾向にあるわけです。強いゼクスを出せるタイミングに、一ランク弱く設定されたゼクスを出すなんてもったいない!

2体以上出したり追加コストを払うならばまた話は別です。まぁとにかく、せっかく貯めたリソースは全部使い切りたいですよね。

デッキ内のコストバランスの考え方はここで生かされます。

◆マスプロは手札消費を打ち消せる上、最大限のパフォーマンスで動けるのが強い

常に現在確保しているリソース数で最大のコストを支払えるのが理想、ということを考えると、手札から小型を2体出してリソースを使い切るばかりではいずれ息切れしてしまいます。安定を考えるならばできるだけ1枚のカードでリソースを使い切れるようにしておきたい。その願いは最適なコストバランスによって実現されます。

 

オロチ先生のコストバランス講座

懐かしいかな~ 一時期環境で暴れまわったオロチさんです!このカードを採用したデッキは綺麗にリソースを使い切るものが多かったんですよ。

リソースを9までしか貯めないので、3~9のリソース帯でどんな動きをすれば強いかを考えて、あとは実現しやすいように枚数を調整していくのがオロチデッキのミソです。

リソースにカードを置かないということは、常に2ドローできるということ。ですから2枚以上の組み合わせで9リソ使い切ることを考える必要がありました。

例えばアテナと金時で合わせて9コスト。当時はIGで卑弥呼が捲れれば焼野原にできました。今ほど展開するデッキもないですからねー

このように使い道がはっきりとしているカードは枚数調整もしやすいです。『アテナは序盤から終盤まで活躍できるカードだから4積み』といった感じですね。そうなると相方となる5cのゼクスを大目にとっておきたいので、そこそこの汎用性を持つ坂田金時を3枚入れてみる。こんな感じでパズルのピースを嵌めるようにデッキが完成していきます。

デッキに必要なカードの枚数が決まったらあとは残りのカードでバランスを保つ必要があります。

とりあえず最初の方で説明した『効果持ちゼクスの最高打点』を最速処理できるゼクスを最低3枚ずつは積んでおきたいです。

つまり4c6000、5c7500、6c9000、7c10500。今やほとんどのデッキに採用されている打点、無視するわけにもいきませんよね。

 

標準打点を処理でき、かつ自分のやりたいことができる強いデッキを作るための必須条件です。これらを安定して行えるデッキは勝てるデッキに片足突っ込んでいる状態といえるでしょう。

ただしダムスタの登場で11000が意識されたように、環境で想定する打点は変わってくるので気を付けるべし!

 

さて、長くなりましたがコスト編。まだ前半戦です。

次回、踏み倒しの必要性、コストから考える対人戦の立ち回り、などについて詳しく書いていきます。よろしくデース!

B10-109 [CVR] : 獅子島七尾(東山奈央金箔押しサイン入り)(金箔押しホログラムレア)

Z/X19弾 真神降臨編 覇神を穿つ者」初回限定セット

初回限定セットでは対戦で使えるメタルカードディンギルを2種封入!
さらにディンギル♦︎クインテットも2枚付属!!

■我は真なる神、何人たりとも我を打ち倒すこと能わず!

今回は堀愛里先生描き下ろしイラストを使用した限定セットが発売!!
「覇神を穿つ者」1BOXに加え、このセットだけのメタルカード版フルアートディンギルやPRカード、スリーブ、カードボックスが一つになった豪華なセットです。

2 件のコメント

  • ビクトリーウチダやカネマールは、実質バニラな上にバニラサポート受けれないので下位互換…だと思っていました。

    カネマールが灰蝕ガムビに付与された効果(プレイヤー:イヨク)を対処できるのでは?と思ったら、相互互換な気がしてきました。

    • 当時はお手入れの時間しかサポートがありませんでしたが13弾でかなり増えましたからねー
      カネマールを灰蝕ガムビメタとして使うのは面白そうw
      今後P指定しない除外枚数を参照するカードが増えれば多少強化になるかもしれません。

      『Vジャンプ一のイケメン テラシ』だけは他のカードへの依存が薄くて良効果。さすがイケメン。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です